食中毒事件 最新ニュース速報食中毒事件 最新ニュース速報

食中毒事件 最新ニュース速報

食中毒事件やニュースを最新ニュース速報形式で配信しています。国内における食中毒は、気温が上昇する春から夏にかけては、サルモネラ菌病原性大腸菌 o-157腸炎ビブリオなどの食中毒事件が増加し、秋は毒キノコの誤食による食中毒、11月頃から翌年3月にかけてはノロウイルス食中毒が発生します。また、最近の食中毒の発生状況では、カンピロバクター食中毒が原因物質別の発生件数は1位と増加しています。カンピロバクターは、焼き鳥店など鶏肉の加熱不十分で起きる食中毒です。また、原因物質別の患者数1位は、ノロウイルス食中毒で1件あたりの感染者が多いことに発生件数も多いためです。この様に食中毒は、種類は違うものの一年中注意しなければいけません。ここでは、保健所やマスコミで発表のあった食中毒情報の中から規模が大きい関心度の高い情報をピックアップしてを一覧形式で発信しています。また、更新情報は、フェイスブック(栄養太郎のFB)とも連動しておりますので最新の情報を知りたい方は、登録してください。

食中毒事件 2015年 最新ニュース速報

20160928.ノロウイルス感染の仕組みをネズミを使って解明する
20160919.厚生労働省 老人ホームのO157集団食中毒、野菜の殺菌徹底を通知
20160919.大阪の消防学校で溶連菌による食中毒が発生
20160917.厚生労働省が高齢者施設で生野菜を提供する時は消毒の徹底を指示
20160915.銚子丸でアニサキス食中毒が発生
20160915.千葉・東京o157食中毒 死者5人目
20160908.千葉・東京o157食中毒 死者4人目
20160906.ニューフジヤホテルで病原性大腸菌による集団食中毒
20160906.東京と千葉で同じ給食会社による病原性大腸菌食中毒により死者も発生
20160906.高級旅館「加賀屋」で腸炎ビブリオ
20151209.ノロウイルス感染が本格流行 ノロウイルス感染に注意
20151205.北海道でも新型ノロウイルスを確認
20151128.横浜中華街の老舗「華正樓」でノロウイルス食中毒
20151126.コストコ(米国)で腸管出血性大腸菌O-157食中毒
20151124.ノロウイルス感染7週連続で増加 感染流行を警戒
20151122.営業自粛をせずノロウイルス食中毒が被害拡大(平成27年11月22日)
20151118.ロイヤル給食部門がウエルッシュ菌食中毒(平成27年11月18日)
20151114.大阪市内の学生食堂でウエルッシュ菌食中毒(平成27年11月14日)
20151114.群馬県立女子大学の学園祭でセレウス菌食中毒(平成27年11月14日)
20151113. トイレ後15%の人が手洗いをしない ノロウイルス感染に注意(消費者庁)
20151112.ノロウイルス5週連続で患者数増加で大流行に注意
20151110.西洋フードコンパスがノロウイルス食中毒(平成27年11月10日)
20151107.各自治体で新型ノロウイルスの警戒を強める
20151106.広島市の修学旅行生44人がカンピロバクター(平成27年11月6日)
20151105.新潟県上越市でウエルッシュ食中毒(平成27年11月5日)
20151103.情報 ノロウイルスに感染したらイツから登校(出社)できるの
20151103.静岡県でスイセンをニラと間違え食中毒 
20151102.和民グループでノロウイルス食中毒が発生
20151003.2015新型ノロウイルス流行の兆しに厚生労働省も警戒を強める
20150926.日清医療食、京都の高齢者施設でウエルッシュ菌食中毒
20150925.アメリカでサルモネラ食中毒で3名死亡































































食中毒の種類と症状 インデックス

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索