食中毒|食中毒の歴史食中毒の歴史

食中毒の歴史 国内で発生した大規模食中毒事件

食中毒歴史は古く、古くにに書かれた書物や文献にしばしば見ることができます。食中毒が統計されたのは1900年以降でありますが大規模な食中毒事件は少なかった様です。戦後、復興と共に高度成長時代に突入し、製造工場の大規模化、経済成長に比べ衛生観念が遅れ、高度成長期に大規模食中毒が発生しはじめました。食中毒の歴史の中で有名なのが熊本の『辛子蓮根食中毒』や大阪で発生しました『雪印による黄色ブドウ球菌食中毒』などがあります。また近年では、衛生意識も普及しましたが、価格競争の中でのギリギリでの食材販売、地球規模の土壌汚染や水質汚染、工場の大規模化や大量調理等によって大規模化する傾向があります。今まで発生した食中毒事件の中で大きなものをピックアップしてみました。

【AD】癌(ガン)に罹った管理人が伝えたいこと「病気になるとわかっていたら放置しなかったのに」 命を奪う癌(ガン)は早期発見・早期治療で非常に生存率が高い病気 遺伝子の異常で発生する癌(ガン)を簡単な血液検査で調べることでリスクの高い人は定期的に検査を受けましょう。気づくのに遅れて手遅れなんて事が無い様に定期的に検査を受けることを管理人はお勧めします。 (GME医学検査研究所)

食中毒の流行も歴史によって変わる

今から30年前の食中毒対策と言えば、夏場の腸炎ビブリオ、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌が中心でした。その為、生で食べる食材は温度管理の徹底、サルモネラ菌などは十分の加熱と言われました。しかし、この30年で食中毒の流行も大きく変わりました。最近注意が必要な食中毒としては、ノロウイルス、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌です。以前の食中毒は、下痢や嘔吐の症状が現れますが数日もすると自然に回復しました。しかし、腸管出血性大腸菌に感染し重症化するとお亡くなりになる場合もありますので注意が必要です。また、最も患者数が多いノロウイルスは、冬場に爆発的に増える食中毒で特に二次感染の注意が必要です。今から30年前には、あまり見られなかった食中毒も増えました。カンピロバクター食中毒は、主に鶏肉が汚染されやすと食中毒の1つです。最近、食中毒の分類された寄生虫食中毒にも注意が必要です。カンピロバクターや寄生虫による食中毒は、環境汚染や気温上昇などが大きく影響していると考えられています。

過去に国内で発生した大規模な食中毒事件 食中毒の歴史

アマゾン人気販売商品

食中毒の基本について

【お勧め】 肥満が気になるダイエット

食中毒に関する情報

【管理人も愛用】 おすすめサプリ


広告


食中毒予防の3原則

処方箋無し安くコンタクトレンズを買う




これで貴方の松茸も元気に


食中毒原因 細菌やウイルス

管理人も利用するレストラン予約

食中毒菌にも有効!除菌率99%

広告

e840.net グループサイト

美味しいご飯が炊ける炊飯器


サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索

正しく知ってSTD予防