自然毒食中毒に注意を!有毒な山菜や毒キノコを食べて毎年死亡者も発生!

有毒な山菜や毒キノコによる自然毒食中毒は毎年発生している

私たちの身の回りに生息している動植物には、多少なりの有毒成分が含まれていることが知られています。これは、ある特定の種だけが食べられないようにしていると考えられます。しかし、一部の動植物の有毒成分は、私たちの体調を悪化させ、最悪な場合にはお亡くなりになる場合もあります。その為、厚生労働省では、有毒な食材が流通しないよう注意を呼び掛けています。しかし、魚釣りや春は山菜捕り、秋はキノコ狩りで有毒な動植物に遭遇することもありますので日頃から正しい知識を身に着けてください。もし、わからない食材を見つけた場合には、食べないようにしましょう。

自然毒食中毒は、植物性自然毒、動物性自然毒、かび性自然毒の3つ

自然毒は、植物性自然毒、動物性自然毒、かび性自然毒の3つに分類することができます。日本では事件数、患者数は植物性自然毒によるもの多く、致命率は動物性自然毒のほうが高い傾向です。尚、キノコは植物ではないですが食中毒統計では植物性食中毒として集計されています。

植物性自然毒食中毒

植物に含まれる有毒成分は、種子や実、若芽が動物や昆虫や鳥類などの餌となることを抑止することが目的と言われています。植物に含まれる有毒成分は、下痢や嘔吐で済むものから大量に摂取すると死亡するものまで様々あります。自然毒食中毒の約9割が毒キノコを誤って食べて発生しています。毒キノコの症状の多くは胃腸型中毒症、コレラ様症状、脳症状の3種があります。また、キノコ以外の自然毒食中毒は、にはアルカロイド系の物質を含有する草花によるもので、代表的な物にはトリカブトのアコニチン、ジャガイモのポテトグリコアルカロイド(ソラニン)、青梅のアミグダリンなどがあります。

植物性自然毒食中毒

魚など動物に含まれる有毒物質の多くは、プランクトン(有毒渦鞭毛藻)類に由来し食物連鎖で徐々に有毒成分が濃縮され毒化します。フグも有毒プランクトンを含まない餌を与えれば、無毒フグとして成長します。フグに含まれるテトロドトキシンによる中毒は致死率が高いことで知られています。動物性自然毒食中毒の発生時期は、フグによる食中毒は冬、麻痺性貝毒や下痢性貝毒による中毒は夏に多いです。

かび性自然毒食中毒

カビの二次代謝産物として産生される毒の総称(マイコトキシン)で、穀類やナッツ類に発生する一部の Aspergillus (アスペルギルス)属によるアフラトキシン、腐った果実に発生するペニシリウム属やアスペルギウス属によるパツリンには発ガン性が、他の菌の生産物には痙攣や内分泌撹乱作用を持つものなどが知られている。一般に熱に対して安定であるとされ、家庭での調理程度の加熱では毒性は失われない。

自然毒食中毒予防の鉄則

自然毒食中毒にならないためには、自分で採取した食材を食べる時には、十分に気を付けることです。毎年、ニラとスイセンを間違えて誤食したり、釣ったフグを自分で調理して食中毒になっています。市場で流通してない(小売店で販売してない)食材を調理する際には、有毒成分が無いか確認をしましょう。

毒キノコの見分け方とウソ

野生キノコを見つけたとき、そのキノコが食べられるのか、毒キノコなのか判断に困ることがあります。古くからキノコの見分け方として多くの迷信があります。これを信じて、もし、毒キノコを食べたら中毒を起こしてしまうことになりますので注意してください。どれも一度は効いたことがあるかと思いますがウソですので注意してください。詳しくは、秋は毒キノコのシーズン誤食に注意を参照してください。

  • 柄が縦にさけるものは食べられる
  • 地味な色をしたキノコは食べられる
  • 虫が食べているキノコは食べられる
  • ナスと一緒に料理すれば食べられる
  • 干して乾燥すれば食べられる
  • 塩漬にし、水洗いすると食べられる
  • カサの裏がスポンジ状(イグチ類)のキノコは食べられる

有毒成分が含まれる動植物リスト

動植物の中で有毒成分が含まれているものを分類別にまとめました。山菜やキノコ狩り、魚釣りなど自分で食材を採取するかたは確認してください。身近な植物に有毒な成分が含まれていることもありますので注意してください。

毒性のある食品について

毒を持つ魚類リスト

自然毒による食中毒について説明をしています。毒性のある食材には、魚介類やキノコ類が多く、毎年多くの人が無害な食材と勘違い誤食をし中毒症状になっております。

毒性のある魚といえば、トラフグが有名で、トラフグが持つ毒素テドロトトキシンは猛毒なのは有名だと思います。トラフグ以外でも毒性のある魚は多いです。

毒を持つ二枚貝リスト

毒を持つ巻貝リスト

二枚貝にも毒性があります。日本国内で流通する二枚貝には貝毒がないか検査して合格したものが流通がしていますので安心して食べる事ができます。

巻貝にも毒性がります。非常に弱い毒性ですが、食べ過ぎますと健康被害が出る事もあります。詳しい事はクリックして確認してください。

毒を持つキノコリスト

毒を持つ植物リスト

毒キノコと言われるくらい昔から毒のイメージが強い食材です。毒性のあるキノコの種類も多く年々異常気象と共に東南アジアの毒キノコが国内で確認されるようになってきています。


右の写真の花は、非常に綺麗ですが猛毒を持つ植物です。この植物の名前は、トリカブト聞いたことある人も多いと思います。綺麗な花には棘ではなく毒があるかも。


毒キノコによる自然毒食中毒 見出し

食中毒の種類と症状 インデックス

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

  秋は毒キノコのシーズン誤食に注意

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索