有毒成分がある植物の一覧

有毒成分のある植物の種類

植物に含まれる自然毒による食中毒症状、原因について説明しています。私たちの周辺には様々な植物があり、その植物に人体へ影響を与える成分が含まれている事もある。毎年、春と秋に自然毒による食中毒の報告をニュースなどで耳にします。特に自然毒で食中毒症状になる原因としては、キノコ類による食中毒が多いです。植物が毒素を持つ目的としては、、種子や実、若芽が動物や昆虫や鳥類などの餌となることを抑止することが目的とされている。致死性の物質から、下痢程度の症状で済むものまで幅が広い。自然毒を含む植物のほとんどが90%はキノコによるものである。自然毒を摂取した際の症状は胃腸型中毒症状、コレラ様症状、脳症状の3種があり、発生時期はキノコ狩りなどが盛んな秋季に集中する。キノコ以外にはアルカロイド系の物質を含有する草花によるもので、代表的な自然毒にはトリカブトのアコニチン、ジャガイモのポテトグリコアルカロイド(ソラニン)、青梅のアミグダリンなどがある。人間に対する毒性はないがアブラナ科の植物では、発芽前後にイソチオシアネートなどの成分が増加する。これは、成長途上で昆虫類や鳥類の餌となることを抑止する事が目的で毒性は弱く、貝割れ大根やスプラウトの辛味成分が該当する。豆類では生の豆の状態に毒性分(レクチンなど)があり、下痢を起こします。

関連項目のリンク
 毒キノコに関する情報 毒キノコの種類と症状
 草などに含まれる自然毒による食中毒

有毒成分のある植物の一覧

キノコ カエンタケ
カキシメジ
クサウラベニタケ
シロタマゴテングタケ
スギヒラタケ
タマゴタケモドキ
ツキヨタケ
テングタケ
ドクササコ
ドクツルタケ
ドクヤマドリ
ニガクリダケ
ニセクロハツ
ニセショウロ
ネズミシメジ
ハイイロシメジ
ヒカゲシビレタケ
ヒメアジロガサ
ベニテングタケ
高等植物 アジサイ
アマチャ
イヌサフラン
カロライナジャスミン
グロリオサ
クワズイモ
コバイケイソウ
ジギタリス
ジャガイモ
スイセン
タマスダレ
チョウセンアサガオ
テンナンショウ類
ドクゼリ
ドクニンジン
トリカブト類
バイケイソウ
ハシリドコロ
ブルグマンシア
ベニバナインゲン
ユウガオ
ヨウシュヤマゴボウ
 

食中毒の種類と症状 インデックス

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

  秋は毒キノコのシーズン誤食に注意

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索