腸チフス食中毒は発熱、頭痛、関節痛、全身のだるさ、食欲不振などの症状

腸チフス食中毒

腸チフスによる食中毒は、感染して起きます。チフス菌の狭義には、腸チフスとパラチフスの二種(=チフス性疾患)を指すことが多く、あるいは腸チフスのみを指すこともある。医学、腸チフスとパラチフスは近縁な病原体による類似した疾患であるが、発疹チフスはこれら二つとはまったく異なる疾患であるため、明確に区別する必要がある。このため、これらを総称することは最早まれであり、既に単なる「チフス」という名称は、医学分野では正式な病名としては使用されていない。古い医学文献における表記や、医学的な正確性が要求されないとき(一般社会における用例など)の便宜的な表記などで、三種の総称として広義に「チフス」の名称が用いられることがある。腸チフスやパラチフスの診断にはビダール反応を使う。アンネ・フランクがこれによって命を落としたことで知られている。アンネの姉であるマルゴット・フランクもおそらくチフスによる死だといわれている。 詳しくは、「食中毒の種類と特徴」を参照してください。チフスとは、高熱や発疹を伴う細菌感染症の一種で、広義には下記の三種の総称。

特徴

腸チフスは、サルモネラの一種であるチフス菌によって引き起こされる感染症の一種です。日本において「チフス」と呼ばれる疾患には、この腸チフスの他、パラ腸チフス発疹腸チフスの3種類が存在しています。このうち腸チフスとパラチフスはともにサルモネラに属する菌株による疾患であるが、発疹チフスはリケッチアの一種である発疹チフスリケッチアによる疾患に分類されます。これらの疾患は、以前は症状が似ているため発疹チフスや腸結核と同一の病気と考えられいずれもチフスと呼ばれていたが、病原菌が全く異なる別の病気です。腸チフスの感染源は汚染された飲み水や食物などである。潜伏期間は7~14日間ほど。衛生環境の悪い地域や発展途上国で発生して流行を起こす伝染病であり、発展途上国を中心にアフリカ、東アジア、東南アジア、中南米、東欧、西欧などで世界各地で発生が見られます。日本では感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の施行時に2類感染症に指定されていたが、2006年(平成18年)12月8日公布の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律」により3類感染症に変更となりました。

発生時期

腸チフス食中毒は、国内で感染する可能性は低い食中毒菌です。東南アジアなどに渡航後、日本で発症する場合があります。細菌性食中毒菌のため気温が高い夏場に発生しやすいです。

症状

腸チフス食中毒になると口から入ったチフス菌が腸のリンパ節のなかで増殖して潰瘍をつくる一方で、血流に乗って菌が全身に広がり症状があらわれます。チフス菌食中毒の感染源と接触してから症状が出るまでの潜伏期間は2週間前後が一般的で38℃以上の高熱も続きます。解熱薬をのめば37℃くらいに下がることもありますが、きちんとした治療を受けない限り延々と続き、抗菌薬でいったん解熱してもまた発熱の症状があらわれます。頭痛、関節痛、全身のだるさ、食欲不振などの症状を伴います。下痢は半分くらいの人にみられます。腸のリンパ節に潰瘍ができるため、腸出血や腸穿孔の危険があります他の食中毒の可能性もある場合は、症状から食中毒を調べることができます。詳しくは、「食中毒の症状と種類」を参照してください。

検査

腸チフス食中毒は国内で感染するリスクが低い為、過去1カ月以内の発展途上国などへの海外渡航歴を確認します。確定診断は、細菌学的検査によるチフス菌・パラチフスA菌が便や血液から検出されるか確認します。有熱期に血液培養を行えば、検出率は高いです。保菌者、無症状者では糞便培養、胆汁培養を行います。

治療

腸チフス菌食中毒の治療は食事と安静と抗菌薬で行います。腸チフス感染により症状がある場合は、原則として入院治療となります。小腸に潰瘍ができるので、下痢はなくても消化のよい食事をとり、安静を守ることが大切です。熱がなくなれば退院することは可能ですが、解熱後1週間くらいは腸出血の危険があるので、安静が必要です。腸チフス菌を殺すための殺菌剤の服用をします。なお、菌が残っていると食品を取り扱う仕事はできません。腸チフスに感染した場合、自然に回復することはなく放置することで重症化していきます。その為、早めに病院に行き医師の診察を受け治療することをおすすめします。詳しくは、「食中毒を病院に行かずに治したい」で確認してください。

処方薬

腸チフス、パラチフスに効果のある抗菌薬は限られています。クロラムフェニコール、アンピシリンまたはアモキシシリン、ST合剤が特効薬でしたが、現在は耐性菌(たいせいきん)や副作用などのために、ニューキノロン系薬が使われています。しかし、最近はそれに対しても耐性菌が出てきました。服薬期間は2週間が原則です。きちんと治療をしても菌が残ることがあるので、治療が終わってから確認の検査を行います。きちんと除菌をしておかないと、生涯にわたって保菌者になる可能性があります。

原因

腸チフス菌の感染は患者さんの便に汚染された食べ物や手指を介して広がります。患者さん自身が手洗いを励行すれば他人への感染を予防できます。排泄の介助を必要とする子どもや高齢者が患者の場合には、介助者が手洗いを励行します。食中毒の原因についてまとめてあります。詳しくは、また、食中毒の原因と種類(一覧)で確認してください。

予防

腸チフス菌の感染は患者さんの便に汚染された食べ物や手指を介して広がります。患者さん自身が手洗いを励行すれば他人への感染を予防できます。排泄の介助を必要とする子どもや高齢者が患者の場合には、介助者が手洗いを励行します。ワクチンは国内で認可されたものはありませんが、トラベルクリニックなどでは接種できるところがあります。流行地にでかける場合は相談してください。

食中毒の種類と症状 インデックス

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索