赤痢菌による食中毒と症状

赤痢菌食中毒

赤痢菌とは、グラム陰性通性嫌気性桿菌の腸内細菌科の一属(赤痢菌属)に属する細菌のこと。ヒトとサルのみを自然宿主として、その腸内に感染する腸内細菌の一種である。赤痢菌は主に汚染された食物や水を介して経口的に感染し、赤痢(細菌性赤痢)の原因になる。主に腸管の上皮細胞の細胞内に感染する通性細胞内寄生性菌であり、細胞内では細胞骨格のひとつ、マイクロフィラメントを形成するアクチンを利用して細胞質内を移動して、さらに隣接する細胞に侵入し感染を広げるという特徴を持つ。赤痢菌は1898年、志賀潔によって発見され、その名にちなんでShigellaという属名が名付けられた。これは、医学的に重要な病原細菌の学名に日本人研究者の名前が付いている唯一の例である。に数十回の下痢、粘液と血液の混じったイチゴゼリー状の粘血便が特徴ですが発熱は見られません。詳しくは、「食中毒の種類と特徴」を参照してください。

赤痢菌の特徴

赤痢菌とは、グラム陰性通性嫌気性桿菌の腸内細菌科の一属(赤痢菌属)に属する細菌であり、大きさは0.5×1-3µmぐらいの棒状で、鞭毛を持たないため運動性がないです。運動性の有無の他、リジン脱炭酸を行わない点や、大部分がラクトースを分解しない点で、近縁の大腸菌やサルモネラとは生化学的に鑑別することができます。赤痢菌は、酸に対する抵抗性は比較的高く、胃酸による殺菌を受けにくく少量の菌でも発病することがわかっています。赤痢菌は、ヒトとサルのみを自然宿主として腸内に感染する腸内細菌の一種である。ヒトには主に汚染された食物や水を介して経口的に感染し発症します。赤痢菌は、主に腸管の上皮細胞の細胞内に感染する通性細胞内寄生性菌であり細胞内では細胞骨格のひとつマイクロフィラメントを形成するアクチンを利用して細胞質内を移動して隣接する細胞に侵入し感染を広げるという特徴を持ちます。赤痢菌が産生づる毒素は、1898年に志賀潔によって発見され、その名にちなんでShigellaという属名が名付けられた。赤痢菌属は、生化学的な特徴や抗原性の違いから、A~Dの4つの亜群に分けられており、これらがそれぞれ独立した種として扱われています。

  • A亜群: S. dysenteriae (志賀赤痢菌)
  • B亜群: S. flexneri (フレキシネル赤痢菌)
  • C亜群: S. boydii (ボイド赤痢菌)
  • D亜群: S. sonnei (ソンネ赤痢菌)

赤痢菌の発生時期

赤痢は、国内では頻繁に発生する食中毒ではないので発生しやすい時期は不明。多くは、東南アジアなど衛生状態が悪い国に渡航中に感染します。細菌であるため気温が高い夏場に発生するリスクが高いと思われます。

赤痢菌感染時の症状

赤痢菌に感染すると1~7日(通常4日以内)の潜伏期後、腹痛、水様性下痢、嘔吐、悪寒を伴う発熱、全身倦怠感などを呈し急激に発症する。発熱は1~2日間続き、重症例ではしぶり腹を呈し、膿粘血便のみを少量ずつ排出する。通常、S.dysenteriaeやS.flexneri は典型的な症状を起こすことが多いが、S.sonnei は軽度な下痢、あるいは無症状に経過することが多い。下痢の症状は、他の食中毒の可能性もあり症状から食中毒を調べることができます。詳しくは、「食中毒の症状と種類」を参照してください。

赤痢菌の検査

赤痢による感染の確定診断は糞便からの赤痢菌の検出することで判断します。大便からは、DHL 寒天培地やマッコンキー寒天培地で分離する。Shigella はDHL 寒天培地やマッコンキー寒天培地上で、37℃1夜培養後、直径約1~2mm の無色、半透明、湿潤な集落を形成する。Shigella の迅速診断法として遺伝子診断がある。これは腸管侵入性に必須な大型プラスミド上の侵入性関連遺伝子群を、DNAプローブ法やそれらを標的としたPCR法で検出する方法である。PCR 法はDNA プローブよりも100倍も感度が高く、検体中(大便を含む)に10個のShigella が存在すれば増菌なしでも検出できると言われている。

赤痢菌の治療

赤痢菌に感染した場合の治療方法には対症療法と抗菌薬療法があります 対症療法としては、強力な止瀉薬は使用せずに、乳酸菌、ビフィズス菌などの生菌整腸薬を併用します。解熱剤は脱水を増悪させることがあり、またニューキノロン薬と併用できない薬剤が多いので慎重に選択する。脱水が強い場合には、静脈内あるいは経口輸液(スポーツ飲料でよい)を行う。
赤痢菌を治療する為の抗菌薬療法としては、成人ではニューキノロン薬、適用のある小児にはノルフロキサシン(NLFX)、適応のない5歳未満の小児にはFOM を選択し、常用量5日間の内服投与を行う。治療終了後48時間以降に、24時間以上の間隔で2~3回糞便の培養検査をし、2回連続で陰性であれば除菌されたとみなす。赤痢による食中毒は重症化することがありますので早めに病院に行くことをおすすめします。詳しくは、「食中毒を病院に行かずに治したい」で確認してください。

処方薬

医師の指示に従ってください。

赤痢菌の感染原因

赤痢菌は、感染力が極めて強く、少量でも感染するため、感染者の手指や食品がほんの少し汚染されていても、口から体の中に入ることによって感染します(経口感染)。また、小児では接触感染があります。赤痢菌の感染経路のひとつとして食品がありますが、直接手指が触れる食品群(にぎり寿司等)から感染することが高く、さらに、生水の摂取による感染や、乳幼児がおもちゃ等を口に含んだりすることによる物品からの感染(二次感染)も報告されています。 詳しくは、また、食中毒の原因と種類(一覧)で確認してください。

赤痢菌の予防方法

赤痢菌の予防は、感染経路を遮断することにある。上下水道の整備と個人の衛生観念の向上(特に手洗いの励行)は、経口感染症の予防の原点です。国内で診断される赤痢患者の多くは、輸入例が大半を占めることから、汚染地域と考えられる国では生もの、生水、氷などは飲食しない事が重要です。国内では、小児や高齢者などの易感染者への感染を防ぐことが大切であります。

アメーバ赤痢菌食中毒の症状と予防

原虫である赤痢アメーバにより発症する赤痢で、旧伝染病予防法では細菌性赤痢と同様に法定伝染病とされていましたが、現在では4類感染症に分類されています。赤痢アメーバはその名のとおり、組織を溶かす性質をもち、アメーバ赤痢やアメーバ肝膿瘍などの疾患を起こします。アメーバー赤痢菌食中毒の潜伏期間は、数日から数ヶ月。アメーバー赤痢菌食中毒の症状は、腹痛と下痢を引き起こします。一日に数十回の下痢、粘液と血液の混じったイチゴゼリー状の粘血便が特徴です。発熱は見られません。

赤痢菌の感染症法における取り扱い

 細菌性赤痢は2類感染症であり、診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る。報告のための基準は以下の通りであります。まず1つめは、診断した医師の判断により、症状や所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下の方法によって病原体診断がなされたもの。2つめは、 臨床所見、赤痢流行地への渡航歴、集団発生の状況などにより判断します。 (鑑別診断)カンピロバクター、赤痢アメーバ、腸管出血性大腸菌等による他の感染性腸炎等
赤痢菌は非常に怖い

赤痢菌食中毒 見出し

食中毒の種類と症状 インデックス

赤痢の治療方法

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

赤痢は感染しますか

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索