セレウス菌|食中毒.e840net

セレウス菌食中毒 症状・治療・予防・期間

セレウス菌食中毒の原因菌でもあり、土壌、ほこり、汚水、野菜、香辛料など自然界に広く分布する好気性芽胞形成菌です。古くから食物の腐敗細菌として知られていましたが、病原性についてはあまり問題にされず、衛生微生物学の分野では雑菌として取り扱われてきました。近年、セレウス菌による食中毒がしばしば報告されるようになり研究も進展してきたところから、厚生省では昭和57年3月に、ナグビブリオなど7菌種を新たに認定しました。その際に、ウエルッシュ菌とともに58年から正式に食中毒統計の中にセレウス菌を食中毒として収載することにしています。詳しくは、「食中毒の種類と特徴」を参照してください。

セレウス菌の特徴

セレウス菌|食中毒.e840net

セレウス菌の細菌学的な特徴は、グラム陽性大桿菌で芽胞を有する通性嫌気性菌であり、土壌や汚水など自然界に多く存在し、酸性域では発育は悪い。ふだんは芽胞といわれる植物の種子のような形をしていて、増殖に適した栄養や温度の環境が整うと発芽します。常在菌として、健康な成人の10%で腸管の中に見られ(特に8か月以下の乳児の腸の中でも増殖)、発育は4〜50℃、芽胞は1〜59℃、100℃ 10分の加熱で大部分が不活化するが、芽胞は100 ℃ 30分の加熱にも耐えます。セレウス菌に感染すると現れる症状が異なる2つのタイプ(下痢型と嘔吐型)があります。嘔吐型は、増殖するときに熱に強く、調理過程ではなかなか死滅しない毒素をつくります。また、70% の皮膚消毒用のエチルアルコールでも不活化されないという報告がああり、速乾性擦式消毒剤に使用されるエタノール系消毒剤に耐性を獲得した菌が残存し十分に滅菌されない特性もあります。

セレウス菌による食中毒の発生

他の細菌性食中毒菌と同様に高温多湿の時期に菌が増殖し、セレウス菌による食中毒は発生します。国内での発生は、特に穀類関連の食品が原因で食中毒が発生している様です。

セレウス菌感染の症状

セレウス菌による食中毒の原因食品としては、下痢型の場合には、肉、ミルク、野菜、魚などいろいろな食物が原因となる場合があります。嘔吐型の場合には、お米と関係している場合が多く、イモ、メン類、チーズ製品といったデンプンを含む食物が関係している場合もあります。これらのものが混じっているソース、プディング、スープ、メン類、サラダ、鍋焼き料理などが食中毒の原因食材となることもあります。イギリスの刑務所で起こった嘔吐型のセレウス菌食中毒の場合には、ビーフシチューが原因食品でした。前の日に調理した野菜をシチューに入れたのがセレウス原因となったと考えられています。他の食中毒の可能性もある場合は、症状から食中毒を調べることができます。詳しくは、「食中毒の症状と種類」を参照してください。

セレウス菌(嘔吐型)による症状

セレウス菌による嘔吐型食中毒の症状は、食後30分から6時間で嘔吐が出現します。ときどき、腹痛や下痢が見られる場合もあります。しかし、発熱の症状が見られません。また、セレウス菌の嘔吐型の症状は、24時間未満に収まるのが通常です。黄色ブドウ球菌による食中毒で見られる嘔吐とたいへん似ています。セレウス菌が産生する嘔吐型毒素は加熱してもこわれにくいので、食前の加熱では予防できません。嘔吐型毒素は126度で90分加熱しても安定です。嘔吐型による集団発生の報告は、1971年以来、英国、カナダ、オーストラリア、ネーデルランド、フィンランド、アメリカ合衆国、日本でなされています。

セレウス菌(下痢型)による症状

セレウス菌の下痢型の症状は、食後6-15時間で、水のような下痢、腹痛が出現します。吐き気を伴うことがありますが、嘔吐や発熱はまれです。また、症状は24時間は持続します。ウエルッシュ菌による食中毒とよく似ています。下痢型毒素は、45度で30分の加熱には安定ですが、56度で5分の加熱には安定ではありません。下痢型毒素は加熱によってこわれやすいので、食前の十分な加熱が予防に役立ちます。セレウス菌の下痢型の集団発生の報告は、1950年以来、ノルウェイ、デンマーク、イタリア、ネーデルランド、ハンガリー、スウェーデン、ポーランド、ルーマニア、旧ソ連、アメリカ合衆国、ドイツ、カナダでなされています。

セレウス菌 下痢型 嘔吐型
菌の増殖する部位 体内 食品中
潜伏期 8~16時間 1~5時間
主な症状 腹痛、下痢
(ウェルシュ菌食中毒に似る。)
吐き気、おう吐、腹痛
(黄色ブドウ球菌食中毒に似る。)
毒素 下痢毒素は、56℃/5分で毒力が無くなる。 おう吐毒は、熱に強く126℃/90分でも安定しているので注意が必要である。
原因食品 弁当、プリン等 焼飯、焼きそば、スパゲッティ等

セレウス菌の検査

セレウス菌による食中毒患者の便や原因食品(または食品原材料)などから多数(1gあたりの菌数が百万~1億個)が検出されること、さらにこれらの菌が同一の性状・血清型を示し、エンテロトキシンを産生することにより食中毒として診断されます。また、患者さんの便から直接エンテロトキシンを証明することも有効な診断法です。なお、類似の食中毒を起こすセレウス菌は、好気性菌(酸素が存在する環境で極めてよく発育する)であることからも区別は容易です。 

セレウス菌による食中毒の治療

セレウス菌による食中毒の症状は細菌性食中毒のなかでも軽症であり、特別な治療を行わなくても一両日中に回復します。症状が軽い場合には、病院に行かなくても自然に回復します。詳しくは、「食中毒を病院に行かずに治したい」で確認してください。セレウス菌が感受性がある抗生物質は、クロラムフェニコール、アミノグリコシド、バンコマイシン、クリンダマイシン、エリスロマイシンです。しかし、抗生物質を使用しなくても対症的に脱水に対する点滴などの治療をしているだけで短期間のうちに軽快するので、抗生物質が使用されることは少ないです。 セレウス菌による食中毒は、通常、人から人へは感染しません。なお、免疫が抑制された人たちでは、セレウス菌は、菌血症、心内膜炎、髄膜炎、肺炎を起こすことがあるので注意が必要です。

セレウス菌食中毒の原因

セレウス菌食中毒は、米や小麦などの農作物を原料とする食品が主な感染源が多く、セレウス菌食中毒の原因食品は焼飯、スパゲッティー、ピラフ、焼きそばなどです。セレウス菌食中毒は、2つのタイプに分類され原因食品もことなります。①.嘔吐型セレウス菌:主に米飯 ②.下痢型セレウス菌:主に食肉製品やスープ 特に米飯やスパゲッティーでは増殖しやすいので、十分な注意が必要です。詳しくは、また、食中毒の原因と種類(一覧)で確認してください。

セレウス菌食中毒の予防

セレウス菌は一般的な食中毒の予防であるセレウス菌を「つけない」、「ふやさない」、「ころす」ことが有効です。 一般的な食中毒の予防方法について説明しています。詳しくは、「食中毒の予防」で確認してください。

  • 食材は常に新鮮なものを選ぶ。
  • 調理の際は十分に加熱する。
  • 調理した食品は、できるかぎり保存せず、早めに食べる。
  • 冷蔵庫に保存したことで安心しない。
  • 大量につくった焼飯やスパゲッティーなどを、翌日再調理することは避ける。
セレウス菌|食中毒.e840net

セレウス菌 見出し

食中毒の種類と症状

セレウス菌食中毒|食中毒.e840net

主な細菌やウイルス

よくある質問の説明

ピックアップページ

当サイトについて

セレウス菌|食中毒.e840net

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索