食中毒病院に行かずに治したい

病院に行かず食中毒の症状を治したい

食中毒による嘔吐や下痢など食中毒の症状が突然現れると心配になり、病院で医師の診察を検討する方も少なくありません。症状の多くは「食あたり」、「食中毒」によるものですが、適度な水分補給しながら安静にして過ごしていれば、病院へ行かなくても自然に回復かと思います。しかし、全ての種類の食中毒が症状が軽く、病院に行かなくても自然回復するのではなく、原因物質によっては症状が非常に重く、死亡するケースもあります。下痢や嘔吐などが現れた時、先ず食中毒を疑いますが、特に病院へ行った方が良いと言われる症状には「血便」「呼吸困難」「意識障害」などがあります。これらの症状が現れた時には躊躇せず病院に行き医師の診察を受ける様にしましょう。「血便」「呼吸困難」「意識障害」の症状がなければ、病院に行かず、自宅で安静にしながら脱水症状にならない様に水分補給をしましょう。病院へ行かず自宅で自宅で安静にしていれば、数日から数週間で自然に症状が回復しますが、なかなか症状が回復しなかったり、逆に症状が重たくなったと感じた場合には、病院へ行くことをお薦めします。また、早く下痢や嘔吐の症状を治したい方も食中毒の種類によっては抗生物質など投与できるものもありますので、病院で相談してみてください。


【AD】自宅で簡単にガンやエイズの検査が可能に 誰でも簡単にできる高精度に血液検査キットデメカル血液検査キット

 

食中毒による血便の症状が現れたらスグに病院へ行きましょう

病院の画像|病院へ行かず食中毒を治したい

食中毒を疑う症状が現れ病院へ行くべきか判断する時、特に注意すべき症状の1つに血便の症状があります。食中毒で最も注意しなければいけないのが病原性大腸菌いわゆる「腸管出血性大腸菌(o-157)」に感染してないか確認する必要があります。腸管出血性大腸菌(o-157)は、体内で菌が増殖しながらベロ毒素を産生し、この毒素により腸粘膜が損傷することで出血します。さらにベロ毒素が血管内に入ると腎機能が低下するHUS(溶血性尿毒症症候群)を引き起こす事があります。この症状により平成28年には10名の方が亡くなっております。その為、血便などの腸管出血性大腸菌(o-157)による食中毒を疑う症状があった場合には、できるだけ早く病院に行き治療する必要があります。他の食中毒でも激しい下痢の症状を繰り返すことで肛門周辺の組織が損傷し出血することがありますので、トイレットペーパーに血液が付着した場合には、肛門周辺からの出血(いわゆる切れ痔)か確認する様にしましょう。もし、わからない場合には、念のため病院へ行き医師に相談してみてください。特にHUS(溶血性尿毒症症候群)は、抵抗力の弱い子供や高齢者がなる事が多いです。その為、子供や高齢者に血便を確認した場合には、念のため病院へ連れて行く事をおすすめします。

脱水の症状も放置し重症化すると危険 早めに病院へ

脱水症状|病院へ行かず食中毒を治したい
次に注意が必要な食中毒の症状は、呼吸困難や意識障害などです。細菌やウイルスによる食中毒の症状により下痢や嘔吐など長時間繰り返すことで、体内の水分や電解質が枯渇する脱水となります。私たちの体の6割は水分と言われ、体の体温やpH調整し、さらに体内代謝を行なう為の溶媒として水分は利用されます。長時間での入浴後など軽い脱水は、よくあることで問題ありませんが、しかし、体内の水分や電解質が枯渇すると代謝が十分に行なうことができず様々な臓器で障害が現れます。軽い脱水の場合には、病院へ行かなくても適度にスポーツ飲料などを与え注意して様子を見る様にしましょう。水分の摂取が上手にできない乳幼児や体内の水分量が少ない高齢者は、脱水症状になりやすく注意が必要です。そのため、体内の水分を適正に保つ為、病院で輸液(点滴)をすることをお薦めします。

幻覚など精神症状、呼吸困難などの症状も病院へ行くサイン

毒キノコ|病院へ行かず食中毒を治したい
強い毒を酸性するボツリヌス菌毒キノコやフグなどの自然毒さらに化学物質による食中毒は、毒素が非常に強いため意識障害や呼吸困難などの激しい症状が現れることがあります。これら食中毒を疑う症状が現れた時も出来るだけ早く病院へ行き医師の診察を受ける様にしてください。ちなみに「食中毒」と「食あたり」の違いですが、食中毒は食品衛生法で定められており明確な定義があります。(詳しくは「食中毒の定義と歴史」で確認できます。)また、食あたりは、少し古かったり、品質的に悪くなった食品を摂取した事で体調が悪くなる意味だと思ってください。どちらも、食事が原因で下痢や嘔吐など体調不良になることをいいます。その原因の多くは、細菌やウイルスなど微生物に汚染された飲食物を摂取することで起きると言われ症状や治療方法に大きな違いもありません。その為、病院へ受診するかの判断は、同じと考えて問題ありません。

ノロウイルス食中毒は対症療法が基本で治療薬などは無い

ノロウイルス|病院に行かずに治したい

食中毒の中でも激しい嘔吐や下痢の症状がある「ノロウイルス」ですが、医学が進歩した現代でも治療する薬が開発されておりません。その為、ノロウイルスの感染を疑う場合には、病院へ行っても主に対症療法が中心となり抗ウイルス薬などの特効薬などは処方されません。体内で増殖したノロウイルスが、下痢や嘔吐により吐き出すことで徐々に症状が治まります。その為、できるだけ我慢せず嘔吐や下痢を繰り返すことが回復の近道だと言われています。しかし、非常に激しい下痢や嘔吐により脱水などの疑いがある場合には、病院で輸液(点滴)などの対症療法の処置を行なってくれます。特に体力がある成人は、病院に行かず自宅で安静をお薦めしますが、高齢者や乳幼児がノロウイルスに感染した場合には、病院で医師に相談してみてください。

病院に行かず市販薬を服用する際には十分注意が必要

治療薬|病院へ行かず食中毒を治したい

病院に行かず食中毒の症状を少しでも早く回復したい方は、市販されている「吐き気止め」や「下痢止め薬」の服用を検討するかと思います。しかし、食中毒による下痢や嘔吐の症状を緩和させるため、病院に行かず市販薬を服用することは、症状を長期化させ悪化する危険性もありますので絶対にお止めください。もし、薬の服用をしたいならば、必ず病院で医師が処方した薬を飲むようにしましょう。食中毒は、胃や小腸で細菌やウイルスが増殖し機能低下することで下痢や嘔吐の症状があらわれることが多いです。これは、体内に増殖した細菌やウイルスを早く対外に出そうとする反射であり、薬でその動きを止めることは細菌やウイルスを胃や小腸から排出が遅れ症状も長く続くかと思います。食中毒菌の中には、毒素を産生するものがあり食中毒菌が長く排出されないことで症状が悪化する場合があります。病院で処方された薬を服用する様にしましょう。

食中毒による症状が重たい時は躊躇せず病院へ行きましょう

  • 血便の症状があらわれ、病原性大腸菌の感染が疑われる場合。
  • 呼吸困難、意識障害などの症状がある。
  • 乳幼児や高齢者など体力が弱い方。
  • 今までに経験したことがない下痢や嘔吐の症状で辛い方。
  • 毒キノコやフグなど誤食してしてしまった方。
  • 精神的に不安な方。

次の症状がある場合には、非常に重たい症状のため躊躇しないで病院に行き医師の診察を受ける様にしましょう。毒素産生型の細菌による食中毒や自然毒を含む化学物質の中毒症状では、激しい嘔吐や意識障害などが早いタイミングからあらわれることが多いです。特に乳幼児が腸管出血性大腸菌o157など病原性大腸菌による食中毒になると腎不全など重症化することもあり注意が必要です。(詳しくは「病原性大腸菌」で確認できます。)また、乳幼児や高齢者は脱水症状になりやすく、こまめに水分補給をしましょう。上手に水分補給ができない方は、病院で輸液(点滴)の処置をしてもらえます。

病院に行かなくてもできる下痢や嘔吐による脱水症状対策

食中毒などにより下痢や嘔吐の症状が長く続くと体内の水分や電解質(ミネラル)が欠乏します。私たちの体の約6割は水分で出来ており、汗などをかいて体温調整する以外に体内のpHを調整したり、代謝を円滑にできるよう溶媒としての働きもあります。水分や電解質が欠乏することで体温調整や体内代謝ができず体調を悪化させることがあります。脱水の症状が長期間続くと死亡するケースもありますので早めに病院で治療する必要があります。下痢や嘔吐の症状があらわれた時点では、水分を一切受け付けない状態になっております。そのため、症状があらわれて5~6時間は、水分を与えず下痢や嘔吐を繰り返してください。子供ですとグッタリした様子に見えるかもしれませんが繰り返しの嘔吐や下痢の症状で疲れているだけですので安心してください。時間が経過すると食中毒の症状も落ち着き始めてくるかとおもいます。まず、少量のスポーツ飲料を口に含ませゆっくり飲ませてあげてください。ここで一気に大量の水分を飲むと胃腸が刺激され下痢や嘔吐の症状があらわれやすくなります。また、飲料は冷たくせず常温もしくは少し温かい状態で飲ませる様にしましょう。少し飲ませて様子を見て徐々に与える量を増やしていきましょう。もし、水分を欲しがるようでしたら与える量を増やしても大丈夫かと思います。軽い脱水の場合は、病院へ行かなくても自宅でしっかり水分補給すれば自然に回復します。

楽天市場 注目アイテム

病院へ行かず食中毒を治したい

病院に行かずに治したい

処方箋無し安くコンタクトレンズを購入




食中毒に関する情報

食中毒原因 細菌やウイルス

食中毒予防の3原則

よくある質問の説明

e840.net グループサイト

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

食中毒について

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索

正しく理解してSTD予防