食中毒の対処方法を説明

食中毒の原因によって対処方法は異なる 「対処」

下痢や嘔吐など食中毒に対処する方法を管理栄養士が説明しています。特別な疾患が無い方が下痢や嘔吐の症状があらわれた時「食中毒」を先ず疑うと思います。多くの下痢や嘔吐は、食べ過ぎ、飲みすぎ、寝冷え、細菌やウイルスなどに汚染された食品の摂取が考えられます。これら食中毒の症状は、病院に行かずセルフケアで対処する方も多いかと思います。下痢や嘔吐が長引くことで体内の水分や電解質が枯渇する脱水になったり、一部の食中毒菌が産生する毒素が腎機能などを低下させ重篤な状態になることがあります。医師ではない素人が対処する事で症状を悪化させる可能性がありますので注意が必要です。特に血便、意識障害、呼吸困難などがある場合は、自身での対処はせず医師の診察を受ける事をお勧めします。

食中毒の症状発生時の対処方法

食中毒とは、私たちの体に悪影響を及ぼす、細菌、ウイルス、化学物質を飲食物と一緒も摂取すると一定期間を経て下痢や嘔吐があらわれます。この症状があらわれるまでの期間を潜伏期間といいますが、細菌やウイルスの種類によって異なります。多くの食中毒の場合、体内に侵入した異物を排除しようと嘔吐や下痢があらわれますが、体外に排出されると徐々に症状も回復することがあります。その為、食中毒による下痢や嘔吐の対処方法は、安静しながら水分補給する事で回復する事が多いです。しかし、食中毒の種類によっては、意識障害などの神経障害があらわれたりしますので、この様な症状がある場合には、自身で対処せず医師による診察を受けるようにしてください。下痢や嘔吐などから食中毒の原因物質を特定するには以下の表を参考にしてください。

発熱がある原因物質に合わせた対処方法

 原因物質  特徴と対処方法 主な原因物質 
サルモネラ まず吐き気と嘔吐で始まります。数時間後腹痛と下痢がおこり、38℃以上 の高熱が見られますが、これらは個人差があり、数回の軟便ですむ場合から赤痢やコレラ様の症状となる場合や、全身 感染に移行することもあります。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。  肉や卵
O157
(腸管出血性大腸菌)
激烈な腹痛で始まり、水溶性下痢を起こし ます。その後、血性下痢が見られます。 一部の患者では腸炎症状以外に溶血貧血、血小板減少、腎不全を主症状とする溶血性尿 毒症症候群(HUS)を起こします。乳児や学童では死亡率が高くなります。感染を疑う場合には、自身での対処はせず病院へ行くようにしましょう。 牛肉
カンピロバクター 発熱、下痢、腹痛、倦怠感、頭痛、嘔吐などが主で個人により差があります。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。 鶏肉
エルニシア属菌 発熱が主で 腹痛、下痢があり嘔吐は比較的少なくなっていますが、盲腸炎と間違われることがあります。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。  生肉(特に豚肉)、生乳、魚介類からかなり
ノロウイルス 吐き気、嘔吐、下痢、腹痛が主で、抵抗力の弱い人は重症になります。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。脱水症状がある方は病院に行き輸液(点滴)をおすすめします。 二枚貝
二次感染

【注意】上記は、過去に感染した患者さんの主症状であり、体質、体調によっては記載した以外のものがあらわれる場合もありますので注意してください。

発熱がない原因物質に合わせた対処方法

 原因物質 特徴と対処方法 主な原因物質 
腸炎ビブリオ 激しい腹痛、下痢、発熱、吐き気及び嘔吐です。特に上腹部痛(胃けいれん様の痛み)が特徴ですが発病後5~6時間で軽快し ます。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。 魚介類
ブドウ球菌 吐き気、嘔吐が必ず起こり 、下痢、腹痛を伴うことがあります。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。 指先などの化膿から食材を汚染
ウェルシェ 下痢と腹痛で重症化する事はすくない。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。 カレーやシチューなど煮込み料理(特に大量調理)
セレウス 吐き気、嘔吐、下痢が主であり重症化する事はすくない。軽度の場合には、水分補給と安静にする事で対処する事も可能です。 焼きめしやスパゲッティ、焼きそば

【注意】上記は、過去に感染した患者さんの主症状であり、体質、体調によっては記載した以外のものがあらわれる場合もありますので注意してください。

食中毒を緩和する対処方法

食中毒による下痢や嘔吐の原因は、体内で増殖した菌やウイルスが増殖したことにより胃腸の機能が低下したり、菌が産生する毒素によることが多いです。種類によって異なりますが、下痢や嘔吐などは数日から1週間程度続きます。下痢や嘔吐の原因となった物質が体外に排出されると徐々に体調が回復します。その為、軽度の場合には、病院に行かず病院に行かず自身で対処する事で完治させる事も可能です。しかし、下痢や嘔吐が続くと体内の水分や電解質(ミネラル)を失い脱水になりやすいですので、水分を適時摂取しながら対処する事をおすすめします。呼吸困難や意識が朦朧としたり血便がある場合には自身で対処せず病院で診察を受ける様にしてください。軽度の場合は、自身で対処する事で回復します。詳しくは、「食中毒を病院に行かずに治したい」で確認してください。

病原性大腸菌の感染の疑われる方は、素人が対処せず急いで病院へ

o-157など病原性大腸菌の感染が疑われる場合には、自身で対処でず早めに病院へ行き医師の診察を受ける様にしましょう。o-157など病原性大腸菌が産生するベロ毒素が腎機能を低下させ、腎不全でお亡くなりになることもあります。特に子供が感染すると重症化するケースが多く、血便があらわれた場合は、o-157など病原性大腸菌に感染している可能性が高く注意が必要です。素人で対処する事で治療が遅れ重症化する事がありますので早めに病院へ行くようにしましょう。

下痢や嘔吐による脱水の対処方法

下痢や嘔吐が長期間続くと体内の水分や電解質(ミネラル)が喪失します。この様な状態が長く続くと体内での代謝が十分にできず様々の器官で不具合が生じます。この様な状態を脱水といいますが、軽度の状態では自身で水分補給などすることで対処する事が可能です。しかし、重度になると意識障害、呼吸困難などがあらわれ死亡することもあります。下痢や嘔吐があっても水分や電解質を補う必要があります。しかし、下痢や嘔吐があらわれはじめた時点では私たちの体は水分を受け付けしません。だいたい症状が出て6時間以上経過したら少量の水分を口に含ませ飲んでください。下痢や嘔吐がなければ徐々に摂取する量を増やしてください。家庭で脱水を対処する際には、水道水よりスポーツ飲料をおすすめします。

自身での対処方法の注意点

食中毒による下痢や嘔吐が辛く、症状を少しでも緩和させるために市販されている下痢止め薬や吐き気止めの使用を検討する方も少なくありません。しかし、食中毒は体内に侵入した有害物質を排除するための反射であり、薬を服用することで体外の排出を遅らせることになり症状が長引くことがあります。自己判断で市販薬を服用するのは非常に危険ですので絶対におやめください。

不安な場合は病院へ

当然ですが今までにない症状があらわれたりした場合には、躊躇せず病院に行き医師の診察をうけてください。特に激しい下痢、嘔吐、腹痛などは非常に辛いです。過去にも経験していれば、ある程度の状況を把握できますが、今までにない症状ですと非常に不安になります。手遅れにならないように早めに病院に行きましょう。

病院に行くタイミング

食中毒や食あたりですと病院に行かず自宅で療養すれば回復するのではと思い、受診するタイミングが遅れる事があります。軽い食中毒ですと数日間で下痢や吐き気が解消され自然に治りますが、赤痢、ボツリヌス菌、o-157病原性大腸菌などの食中毒が原因で死亡するケースも多く手遅れにならないようにしましょう。ここで医療機関へ受診するタイミングについて簡単にまとめてみました。

  • 乳幼児やご高齢の方、病中・病後で体力の無い方。
  • 自然毒(毒キノコやフグ毒や化学物質の誤飲誤食)をした方。
  • o-157病原性大腸菌の疑いがある方。
  • 血便がみられる場合。
  • 一日に10回以上吐き気や下痢が続く場合。
  • 意識がもうろうとしたり、呼吸がみだれたりする場合。

上記の症状がある方は、早急に医療機関にて医師の診察を受けるようにしてください。

食中毒の対処方法 見出し

食中毒の種類と症状

下痢や嘔吐を引き起こす細菌やウイルス

 秋は毒キノコのシーズン誤食に注意

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索