秋に多い毒キノコ誤食による自然毒食中毒!毒キノコの種類を知ろう

有毒成分がある植物の誤食による食中毒

植物の有毒成分の働きは様々であるが、その意味合いは、植物自身の自己防衛であると考えられます。人や動物が触れたり摂食したりすると、毒性の強いのものでは炎症や中毒症状、痙攣、嘔吐などの症状を起こし、時に死に至ることもあるが、弱いものでは苦味や酸味を感じるなどの軽度のものもある。有毒植物を加工し毒性を除去あるいは弱めることによって、食用・薬草として利用されることもあり、イチョウ(ぎんなん)やウメ、ジャガイモ、ワラビのように、有毒ながら処理法によって食料とされる種もある。薬草(薬用植物)のように、古くからその有効性がみとめられ薬用として利用されてきたものも少なくないですが、ここでは人体に影響がある植物食中毒についてまとめてみました。

有毒成分のある植物の原因物質

植物の多くは食料として見なした場合には、致命的なほどに強烈な毒性をもつ種はあまり多くはない。しかし食味として苦かったり渋かったり不快感を与えたり一時的に健康を損なったりと、動物にとって何らかの害になりうる程度には食料として適さない種類が非常に多い。植物は摂取者から逃避行動がとれないため、こうした「不味」は致命的な毒とはなり得なくとも、摂食を免れるための手段として化学防御が発達したものと考えられる。植物のなかでも食料としての価値がなく、特に毒性の強い物質を有する種が有毒植物と呼ばれる。種類によっては殺虫や狩猟用の毒矢に利用される。特に化学防衛のような「動物に食べられないようにする変化」では昆虫などに対して選択毒性(特定範囲の動植物に影響の出る毒の性質)をもつものもあり、除虫菊(蚊取り線香)や海人草(虫下し)のように利用されるものもあります。

有毒成分がある植物の一覧

毒を持つ植物の名称
名前 説明

アセビ
(毒成分)
アセボトキシン、グラヤノトキシン、アセボプルプリン、アセボイン、ジテルペン、アンドロメドトキシン

(毒部位)
全株、葉、樹皮、茎、花

(毒症状)
血圧低下、腹痛、下痢、嘔吐、呼吸麻痺、神経麻痺


アザレア
(毒成分)
グラヤノトキシン、ロードヤポニン

(毒部位)
蜜をも含む植物体全体

(毒症状)
嘔吐・痙攣などだが、重症では昏睡に至る事もある。

 

シャクナゲ
(毒成分)
ロードトキシン(グラヤノトキシン)

(毒部位)


(毒症状)
吐き気や下痢、呼吸困難
 

アジサイ
(毒成分)
アミグダリン (amygdalin) 、アントシアニン (anthocyanin) 、ヒドラゲノシド A、グリコシド
青酸配糖体(グリコシド)なのか?(調査中)

(毒部位)
蕾、葉、根

(毒症状)
過呼吸、興奮、ふらつき歩行、痙攣、麻痺などを経て死亡する。
 

オシロイバナ
(毒成分)
トリゴネリン

(毒部位)
草全体に含まれていますが、特に根や種子に多く含まれています。

(毒症状)
嘔吐や腹痛、下痢
 

トチノキ
(毒成分)
サポニン、エスクリン、フラクシン

(毒部位)
種子、果実

(毒症状)
下痢、胃腸炎、脱水症状
 

アネモネ
(毒成分)
プロトアネモニン(Protoanemonin)

(毒部位)
全草、汁液

(毒症状)
皮膚炎、水泡、化膿
 

キツネノボタン
(毒成分)
プロトアネモニン(Protoanemonin)

(毒部位)
全草、茎、葉の汁液

(毒症状)
皮膚炎(水泡)、胃腸炎、下痢、嘔吐、消化器出血
 

オダマキ
(毒成分)
プロトアネモニン(Protoanemonin)

(毒部位)
全草

(毒症状)
皮膚炎(水疱)、胃腸炎、心臓麻痺
 

ウマノアシガタ
(毒成分)
ラヌンクリン(Ranunculin)、プロトアネモニン(Protoanemonin)

(毒部位)
全草、茎の汁

(毒症状)
皮膚炎、下痢、嘔吐、胃腸炎、麻痺、幻覚
 

ヨウシュ
ヤマゴボウ
(毒成分)
硝酸カリウム(KNO3)、フィトラカトキシン(Phytolaccatoxin)、サポニン(Saponin)、フィトラッキゲニン(Phytolaccigenin)

(毒部位)
全草、根、葉

(毒症状)
嘔吐、下痢、腹痛、麻痺、痙攣
 

クサノオウ
(毒成分)
ケリドニン(Chelidonine)、プロトピン(Protopine)、ベルベリン(Berberine)、サンギナリン(Sanguinarine)、ケリジメリン、ケレリトリン、リンゴ酸

(毒部位)
茎、葉

(毒症状)
皮膚炎、胃腸炎、昏睡、呼吸麻痺
 

タケニグサ
(毒成分)
プロトアネモニン(Protoanemonin)、プロトピン(Protopine)、サンギナリン(Sanguinarine)、ヘレリトリン

(毒部位)
茎、乳汁

(毒症状)
嘔吐、下痢、皮膚炎、脳麻痺、呼吸麻痺、体温低下
 
アメリカ
ノウゼンカズラ
(毒成分)


(毒部位)


(毒症状)

 

ウラシマソウ
(毒成分)
サポニン(Saponin)

(毒部位)
全草

(毒症状)
皮膚炎、嘔吐、腹痛
 
キツネノカミソリ (毒成分)
リコリン(Lycorine)、ガランタミン(Galanthamine)

(毒部位)
鱗茎

(毒症状)
皮膚炎、下痢、嘔吐、腹痛、痙攣、神経麻痺
 

トリカブト
(毒成分)
アコニチン(Aconitine)、メサコニチン(Mesaconitine)、ヒパコニチン、デルフィニン、エザコニチン、アチジン、ガリーイン、ナペイン、ペアチン、ソンゴルリン、イグナビン、ヒポグナビン、コブシン、イサコニチン、ヒバコニチン

(毒部位)
全草、特に塊根に猛毒

(毒症状)
腹痛、下痢、不整脈、呼吸麻痺、嘔吐、頭痛、眩暈
 

ヒガンバナ
(毒成分)
リコリン(Lycorine)、セキサニン、ホモリコリン、ガランタミン(Galantamine)、リコレニン(Lycorenine)、リコラミン

(毒部位)
全草、鱗茎

(毒症状)
皮膚炎、呼吸不全、痙攣、中枢神経麻痺、嘔吐、下痢
 
アメリカ
ハナミズキ
(毒成分)


(毒部位)


(毒症状)

 

ドクゼリ
(毒成分)
シクトキシン(Cicutoxin)、シクチン(Cicutin)

(毒部位)
全草、地下茎

(毒症状)
嘔吐、下痢、腹痛、眩暈、痙攣、呼吸麻痺、意識障害
 

ドクニンジン
(毒成分)
 コニイン(Coniine)、メチルコニイン(N-Methylconiine)、コニセイン(γ-Coniceine)、コンヒドリン、N-プソイドコンヒドリン、ガンマコニセイン

(毒部位)
全株、種子、根

(毒症状)
痙攣、呼吸麻痺、意識障害
 

ノウルシ
(毒成分)
ユーフォルビン(Euphorbine)

(毒部位)
乳汁

(毒症状)
かぶれ、皮膚炎、嘔吐、下痢、眩暈、痙攣
 

ツリフネソウ
(毒成分)
ヘリナル酸、インパティニド

(毒部位)
全草

(毒症状)
胃腸炎、嘔吐
 

スズラン
(毒成分)
コンバラトキシン(Convallatoxin)、コンバロサイド(Convalloside)、コンバラトキソール、コンバラリン(Convallarin)、コンバラマリン(Convallamarin)、ロデアサポゲニン、セリドニン酸

(毒部位)
全草、花、種子、球根

(毒症状)
嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺
 
ホオズキ (毒成分)
ヒストニン、フィザリン(Physalin)、ルテオリン(Luteolin)

(毒部位)
全草、根

(毒症状)
腹痛、堕胎
 

フクジュソウ
(毒成分)
シマリン(Cymarin)、アドニトキシン(Adonitoxin)、アドニン、ソマリン、シマロール、コルコロサイド(Corchoroside)、コンバラトキシン(Convallatoxin)、ストロファンチン(Strophanthin)、イソリネオロン、アドニライド、ウンベリフェロン(Umbelliferone)、スコポレチン、リネオロン

(毒部位)
全草、地下根、根茎

(毒症状)
下痢、嘔吐、腹痛、呼吸困難、心臓麻痺
 

スイセン
(毒成分)
リコリン(Lycorine)、プレタゼチン(Pretazettine)、コンバラトキシン(Convallatoxin)

(毒部位)
全草、根

(毒症状)
皮膚炎、呼吸不全、嘔吐、下痢、胃腸炎、中枢神経痙攣
 

ヒヤシンス
(毒成分)
蓚酸カルシウム

(毒部位)
汁液、鱗茎、花、葉

(毒症状)
炎症、皮膚炎、嘔吐、下痢
 

チューリップ
(毒成分)
ツリピン、ツリパリン(Tulipalin)

(毒部位)
全草、球根、花、葉

(毒症状)
嘔吐、皮膚炎、心臓毒
 

アマリリス
(毒成分)
リコリン(Lycorine)

(毒部位)
球根、花、葉

(毒症状)
嘔吐、下痢、血圧低下、肝障害
 

シクラメン
(毒成分)
シクラミン

(毒部位)
根茎

(毒症状)
皮膚炎、嘔吐、下痢、痙攣、胃腸炎
 
シャコバ
サボテン
(毒成分)


(毒部位)


(毒症状)

 

ポインセチア
(毒成分)
ファルポール、ユーフォルビン(Euphorbine)

(毒部位)
全草、乳汁、実

(毒症状)
皮膚炎、下痢、痙攣
 
デルフィ
ニューム
(毒成分)


(毒部位)


(毒症状)

 

クリスマス
ローズ
(毒成分)
ヘレボリン(Hellebrin)、サポニン(Saponin)、プロトアネモニン(Protoanemonin)、ラヌンキュリン(Ranunculin)

(毒部位)
全草、根茎、汁

(毒症状)
クシャミ、皮膚炎、水疱、嘔吐、眩暈、不整脈、心臓麻痺
 
ストレリチア (毒成分)


(毒部位)


(毒症状)

 
カラジューム (毒成分)


(毒部位)


(毒症状)

 

カラー
(毒成分)
蓚酸カルシウム

(毒部位)
葉、茎

(毒症状)
嘔吐、炎症、刺激性皮膚炎
 

チョウセン
アサガオ
(毒成分)
シロバナチョウセンアサガオ(Datura metel L.)、ケチョウセンアサガオ(Datura meteloides DUNAL)、ヤエチョウセンアサガオ(Datura innoxia MILL. var. cornucopaea)、ヨウシュチョウセンアサガオ(Datura tatula LINN.)、シロバナヨウシュチョウセンアサガオ(Datura stramonium LINN.)、キダチチョウセンアサガオ(Brugmansia suaveolens)、コダチチョウセンアサガオ(Brugmansia arborea LINN.)

(毒部位)
全草、種子、根、葉、花、汁液

(毒症状)
妄幻聴、頭痛、めまい、意識喪失、呼吸停止、興奮、錯乱、炎症、悪夢
 

アサガオ
(毒成分)
ファルビチン(Pharbitin)、コンボルブリン、リゼルグ酸アミド

(毒部位)
種子(生薬名:牽牛子)

(毒症状)
嘔吐、下痢、腹痛、血圧低下
 

ロベリア
(毒成分)
オオハマギキョウ(Lobelia boninensis)、ミゾカクシ(Lobelia chinensis)、ルリチョウチョウ(Lobelia erinus)、タチミゾカクシ(Lobelia hancei)、ロベリアソウ(Lobelia inflata)、マルバハタケムシロ(Lobelia loochoensis)、サワギキョウ(Lobelia sessilifolia)、シロバナサワギキョウ(Lobelia sessilifolia f. leucantha)、マルバミゾカクシ(Lobelia zeylanica)

(毒部位)
全草

(毒症状)
痙攣、呼吸麻痺、嘔吐、腹痛、下痢、発汗、眩暈、感覚異常
 

ケマンソウ
(毒成分)
ケマンソウ(華鬘草)、タイツリソウ(鯛釣り草)、フジボタン、ブリーディングハート(Breeding Heart)

(毒部位)
全草、茎、葉、根茎

(毒症状)
心臓麻痺、呼吸不全、痙攣、麻痺、嘔吐、下痢、瞳孔縮小、体温低下
 

スイートピー
(毒成分)
毒性アミノ酸、アミノプロピオニトリル(Aminopropionitrile)

(毒部位)
全草、さや、まめ

(毒症状)
頚椎麻痺
 

エニシダ
(毒成分)
スパルテイン(Sparteine)、サロタムニン、ゲニスティン(Genistein)、スコバリン

(毒部位)
枝、葉、種子

(毒症状)
頭痛、皮膚炎、嘔吐、神経麻痺、血圧降下、呼吸麻痺、心臓麻痺
 

食中毒の種類と症状 インデックス

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

  秋は毒キノコのシーズン誤食に注意

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索