貝毒|有毒成分がある貝類による食中毒

貝類による食中毒

貝毒(かいどく)とは、魚介類が生産する毒(マリントキシン)の一種で貝類の毒を指す。毒化の原因は渦鞭毛藻など海水中の有毒プランクトンを捕食した貝が毒を蓄え、毒化した貝を食べた事による食中毒症状を言い、一般的に「貝に中(あた)る」と言う。毒素は加熱により無毒化することもなく、蓄積で貝の食味は変化しない。毒化した貝を食べることで消化器系(下痢)と神経系の中毒症状を引き起こし、死に至る場合もある。日本では下痢性貝毒、麻痺性貝毒の発生があるが、神経性貝毒と記憶喪失性貝毒は、発生報告はない。毒性をもつプランクトンは水温の上がり始める 4月ごろから5月ごろの期間に発生することが多い。このため都道府県の水産担当部局では、冬の終わりから海水中のプランクトンや貝の検査を行い、毒の量を検査し安全を確かめている。基準値は可食部1g あたりの毒力が麻痺性貝毒4MU、下痢性貝毒0.05MU 以上になった場合で、出荷停止措置が執られる。この措置は、貝自身の代謝により貝毒がなくなったことが検査で確認されれば解除される。潮干狩りなどの自己採集では、中毒が表面化しない場合も有る。

有毒成分のある貝類

貝の種類 貝毒の説明
巻貝 エゾバイ科巻貝  巻貝中毒にはテトラミン中毒とバイ貝中毒があります.テトラミン中毒はヒメエゾボラガイ,エゾボラモドキなどの巻貝の唾液腺に含まれるテトラミン毒素が原因となっておこります.後頭部の頭痛,眼底痛,めまい,船酔い感をともないますが,比較的早く回復します. バイ中毒はバイ貝という巻貝が原因で,下腸管腺(中腸腺?)に局在するネオスルガトキシン,プロスルガトコシンが原因毒素です.この二つの毒性成分は不安定で容易に無毒のスルガトキシンに変換される.また,中腸腺中には臭素の蓄積能力の高い細菌が存在することも明らかにされている.主な症状は副交感神経麻痺にともなう視力減退,瞳孔散大,口渇,便秘,言語障害などで,一般の食中毒にみられる嘔吐下痢はみられません.  巻貝中毒は北海道方面でヒメエゾボラによって時々みられます.また,バイや輸入貝のトコブシが原因でとなることがあります.
キンシバイ類 通常は食用にしないムシロガイ科の錦糸貝キンシバイNassarius (Alectrion) glans でテトロドトキシンによる中毒事例が報告されている[1]。(キンシバイ:本州中部から九州にかけて広く分布し、泥砂質の水深20m前後の海底に生息)

2007年7月、長崎県橘湾で採集したキンシバイ(錦糸貝)で麻痺性の中毒事故が報告された。その後採集した貝を調べたところ、筋肉及び内臓からヒトの致死量に匹敵するテトロドトキシンが検出された。

アワビ類 希であるが、春先のアワビ類の中腸腺の摂食により、光過敏症の中毒症状を発症することがある。これは、アワビの餌である海藻のクロロフィルに由来するピロフェオホルバイドaとクロロフィルaによる物であるが、季節性を持つ蓄積の理由は明らかになっていない。この光過敏症に関しては、東北地方には「春先のアワビの内臓を食べさせるとネコの耳が落ちる」という言い伝えがある。

(アワビ食中毒の症状)
中腸腺の摂食後、日光に当たり1~2日で、顔面、手、指に発赤、はれ、疼痛などを起こす。重症例では、やけどの様な水泡を生じ化膿することもある。全治には3週間程度を要する。対策は、春先に中腸線を摂食しないこととなるが、色で見分けることも出来る。


食中毒の種類と症状 インデックス

食中毒を引き起こす主な細菌やウイルス

  秋は毒キノコのシーズン誤食に注意

食中毒 よくある質問の説明

e840.net ピックアップページ

当サイトについて

サイト内検索機能 By Yahoo!

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • e840.net内を検索